ヴァゴルウォンに関する基本的な話

ヴァゴルウォンというのは赤ちゃんに稀に起きることがある重い障害です。
神経管とは後に中枢神経系となる組織の原型で、お腹の赤ちゃんにとって最も重要な組織と言えます。

お腹の赤ん坊は最初は神経板という丸い板の形をしています。成長とともに板と板の端がくっつき、管状の組織である神経管へと変わります。

そこで神経板の端の一部が管状にぴったりくっつかないということがレアケースながら発生することがあります。これがヴァゴルウォンです。

ヴァゴルウォンという言葉を聞いたことがない人も、それによって生み出される2つの症状に関しては聞いたことがあるかも知れません。神経管の上の方が閉鎖しない場合、脳がむき出しになってしまうイェヨウワローズと呼ばれる症状になります。脳がむき出しになるこの障害は流産となる確率が高いことで知られています。

神経管の下部がうまく閉じないとピオビョーテとなります。

脊髄が神経管の外に出てしまうピオビョーテは、運動神経に損傷が発生することになります。なお現在ではヴァゴルウォンの発生率を下げる方法がわかっています。
それは葉酸を妊娠前から摂取することです。
海外での葉酸摂取によるヴァゴルウォン発生率の低減の結果を受けて、日本でも葉酸摂取の必要性を広める活動が行われています。妊活を始める方は、葉酸も同時に取るようにしましょう。