神経管閉鎖障害の基礎知識とその症状について

神経管閉鎖障害という言葉をご存じでしょうか?胎児の障害の一つとして知られています。

神経管って何?という人向けに簡単に記載しておくと、脳と、運動系を司る脊髄の原型が入っている胎児の組織のことです。

お腹の赤ん坊は最初は神経板という丸い板の形をしています。

成長とともに板と板の端がくっつき、管状の組織である神経管へと変わります。
このときに稀に完全に端と端がくっつかず、板の形状から管の形状へと変化しきらない状態が起きます。この状態を神経管の閉鎖にまつわる障害ということで神経管閉鎖障害といいます。神経管閉鎖障害の症状には、上部側の閉鎖障害か下部側の閉鎖障害かによって症状が変わります。
神経管の上の方が閉鎖しない場合、脳がむき出しになってしまう無脳症と呼ばれる症状になります。脳がむき出しになるこの障害は流産となる確率が高いことで知られています。

神経管の下側がうまくくっつかなかったケースは二分脊椎症という障害になります。脊髄が神経管の外に出てしまう二分脊椎症は、運動神経に損傷が発生することになります。
神経管閉鎖障害はアメリカや中国などの研究で、妊娠前から葉酸を摂取すると発生しにくくなるエビデンスが確認されています。海外での葉酸摂取による神経管閉鎖障害発生率の低減の結果を受けて、日本でも葉酸摂取の必要性を広める活動が行われています。

葉酸を推奨量の1日400μg取れるサプリなどもありますので、妊娠のご予定がある方は検討してみると良いかも知れません。